Home >スクリプト紹介 >Image Album
Image Album
- 画像アルバム -
Image Album v 5.1 ( 画像アルバム )
  • オリジナルスクリプト機能的な特長
    1. 画像を自由にアップロードできるウェブアルバムです。
    2. 画像はJPEG/GIF/PNG/BMPに対応しています。
    3. 各画像に、タイトルとメッセージを付けることができます。
    4. 画像ごとに(掲示板形式で)返信メッセージを付けることができます。
    5. 全画面がテンプレート式のため、自由にレイアウトやデザインを変更することができます。
    6. スパム対策用に画像認証機能を使用することができます。

オリジナルスクリプト公開終了:2022/04/21(Thu)-ImageAlbum ver:4.02

サンプル/ダウンロード

Image Album v 5.1

オリジナルは公開終了しましたが、当サイトでは再配布を続行して、
さらにRevision Numberを引き続き変更していきます。

今後は改造もしくはバグフィックス対応時に
バージョンUPを独自に進捗していく事になります。ご了承下さい。

ダウンロード前に必ずオリジナルで動作確認をして下さい!!

サンプル利用規定 サンプル

アクセス認証をつけました。PASS:0009


v4.02 DL:808

このプログラムを利用する上での利用規定です。必ず目を通しておいて下さい。
プログラムをダウンロードする場合、「利用規定」に同意したものとみなします。
プログラム利用規定

以下の書庫ファイルをダウンロードします。

Ver: 5.1album51.zip

(Ultimate File up:2022/06/17 16:37)

展開ファイル内容
●ダウンロード後、解凍 します。解凍すると以下のファイルが展開されます。
album.cgi ---------------------- 本体プログラム
admin.cgi ---------------------- 管理用プログラム
edit.cgi ----------------------- コメント返信編集プログラム
init.cgi ----------------------- 設定ファイル
captcha.cgi -------------------- 画像認証用プログラム
check.cgi ---------------------- 動作チェック用プログラム
lib/CGI/Minimal.pm ------------- データ受理モジュール [配布元]
lib/CGI/Minimal.pod ------------ データ受理モジュール [配布元]
lib/CGI/Minimal/*.pm ----------- データ受理モジュール [配布元]
lib/CGI/Session.pm ------------- セッション管理モジュール [配布元]
lib/CGI/Session/*.pm ----------- セッション管理モジュール [配布元]
lib/Digest/SHA/PurePerl.pm------ 暗号化モジュール [配布元]
lib/login.pl ------------------- ログインモジュール
lib/jacode.pl ------------------ 文字コード変換モジュール [入手元]
lib/pngren.pl ------------------ PNG連結ライブラリ  [配布元サイト閉鎖中 : 桜月氏作成]
lib/Crypt/RC4.pm --------------- 暗号化モジュール   [配布元]
lib/GD/SecurityImage.pm -------- 画像認証作成モジュール [配布元]
lib/*.pl ----------------------- 補助プログラム
lib/bin/*.ttf ------------------ フォントファイル(画像認証用)
lib/bin/*.png ------------------ 画像ファイル(画像認証用)
log/data/ ---------------------- コメント返信データディレクトリ
log/num.dat ------------------- 通番ファイル
data/ses.cgi ------------------- セッションファイル(アクセス制限用)
data/ses ----------------------- セッションディレクトリ (管理モード)
data/pwd ----------------------- パスワードディレクトリ(回数カウント用) (管理モード)
data/pass.dat ------------------ パスワードファイル (管理モード)
log/cate.dat ------------------ カテゴリーファイル
log/data.cgi ------------------- 画像データファイル
upl/ --------------------------- 画像格納ディレクトリ
resupl/ ------------------------ コメント返信画像格納ディレクトリ
tmpl/*.html -------------------- テンプレートファイル
cmn/diary.css ------------------ スタイルシートファイル
cmn/admin.css ------------------ スタイルシートファイル(管理モード)
cmn/*.png ---------------------- アイコンファイル
lightview-3.5.1/ --------------- jQuery lightview-3.5.1プラグインディレクトリ(画像拡大表示) [配布元]
ディレクトリ構成例
●全体のディレクトリ構成とファイル位置の設置例は以下のとおりです(かっこ内はパーミッションの設定値)。
ディレクトリ構成例
public_html / (ホームディレクトリと仮定)
   |
   +-- album / album.cgi     [755] ... 掲示板本体プログラム
         |     admin.cgi     [755] ... 管理画面プログラム
         |     edit.cgi      [755] ... コメント返信編集プログラム
         |     captcha.cgi   [755] ... 画像認証用プログラム
         |     check.cgi     [755] ... 動作チェック用プログラム
         |     init.cgi      [644] ... 設定ファイル
         |
         +-- lib / *.pm, *.pl, jacode.pl
         |    |
         |    +-- login.pl
         |    |
         |    +-- Digest/SHA/PurePerl.pm
         |    |
         |    +-- CGI / Session.pm
         |    +-- CGI / Session / *.pm
         |    +-- CGI / Minimal.pm
         |    |         Minimal.pod
         |    +-- CGI / Minimal / *.pm
         |    +-- Crypt / *.*
         |    +-- bin / *.*
         |
         +-- cmn / album.css
         |    |    admin.css
         |    |    bbs.js
         |    |    *.png
         |    |
         |    +-- js /
         |
         +-- log    [777] / data.cgi    [666]
         |    |             num.dat     [666]
         |    |             cate.dat    [666]
         |    |
         |    +-- data [777] / *.cgi [666] ... コメント返信データ
         |
         |
         +-- data   [777] / ses.cgi     [666]
         |    |             pass.dat    [666]
         |    | 
         |    | 
         |    +-- pwd  [777] /
         |    +-- ses  [777] /
         |
         +-- upl    [777] /
         |
         +-- resupl [777] /
         |
         +-- tmpl / *.html
         |
         +-- lightview-3.5.1
              |
              +-- css
              +-- js
設定修正
init.cgi をエディタで開いて以下の箇所を修正します。
$cf{cgi_title} = '追憶の部屋';
日記のタイトル名です。お好きな文字列に変更します
$cf{enter_pwd} = '';
(アクセス制限を行う場合、ここに入室パスワードを入力します。アクセス制限を行うわない場合は空欄にしておきます)
$cf{sestime} = 60;
(上記のアクセス制限を行う場合、入室後のアクセス可能時間を分単位で指定します)
$cf{max_topics} = 10;
最新記事TOP(リンク数)に掲載するタイトルリンクの数を指定します
$cf{archive_data} = 9;
アーカイブの表示画面記事件数を指定します
$cf{max_archive} = 10;
サイドメニュー内アーカイブの月数を指定します
$cf{res_mode} = 1;
訪問者からのコメント機能を受け付ける場合は 1 を、受け付けたくない場合は 0 とします
$cf{pg_max} = 9;
TOPページ写真表示件数を定義します。必ず「3」の倍数で指定します。例:3,6,6,12,...
$cf{upldir} = './upl';
画像ディレクトリのサーバパスを指定します。フルパスで記述する時は / から記述します
$cf{uplurl} = './upl';
画像ディレクトリのURLパスを指定します。フルパスで記述する時は http:// から記述します
$cf{resupldir} = './upl';
返信画像ディレクトリのサーバパスを指定します。フルパスで記述する時は / から記述します
$cf{resuplurl} = './upl';
返信画像ディレクトリのURLパスを指定します。フルパスで記述する時は http:// から記述します
$cf{max_w} = 130; # よこ
$cf{max_h} = 120; # たて
画像ファイルの最大表示の大きさを指定します。このサイズを超えると自動縮小します
$cf{max_failpass} = 5;
(管理パスワードの最大間違い制限を指定します。この回数以上になるとログインがロックされます。
※運用の注意点は右のリンクをご覧ください: 管理パスワードについて
$cf{lock_days} = 14;
(> 管理パスワードのロック期間:自動解除を日数で指定。この値を 0 にすると自動解除しません。
album.cgi, admin.cgi, edit.cgi, check.cgi, captcha.cgi をエディタで開いて以下の箇所を修正します。
#!/usr/local/bin/perl
(プロバイダで定められたPerlへのパスを指定します)
パーミッション
●修正が完了したら各ファイルを所定のディレクトリへFTP転送し、アクセス権 (パーミッション) を、以下のとおり設定します。
ファイル名 パーミッション 転送MODE
一般サーバ suEXEC
CGIWrap
album.cgi
admin.cgi
edit.cgi
check.cgi
captcha.cgi
755 or 705 701 or 700 Ascii
init.cgi 644 or 604 600 Ascii
lib/captcha.pl
lib/captsec.pl
lib/jacode.pl
lib/login.pl
lib/pngren.pl
lib/CGI/
lib/GD/
lib/Digest/
lib/bin/
lib/File/
tmpl/*.html
- - Ascii
uplディレクトリ
resuplディレクトリ
777 or 707 755 or 705 -
logディレクトリ
log/dataディレクトリ
777 or 707 700 Ascii
log/data.cgi
log/cate.cgi
log/num.cgi
666 or 606 600 Ascii
dataディレクトリ
data/pwd/ディレクトリ
data/ses/ディレクトリ
777 or 707 700 Ascii
data/ses.cgi
data/pass.dat
666 or 606 600 Ascii
cmn/*.gif
cmn/*.png
- - Binary
cmn/diary.css
cmn/album.css
cmn/admin.css
- - Ascii
lightview-3.5.1/*.*
lightview-3.5.1/css>
lightview-3.5.1/js
- - Ascii
以上、作業が完了したら「チェックモード」で動作チェックを行ないましょう。 「check.cgi」に直接アクセスすることで、簡易的なチェックを行うことができます。なお、動作チェック後はcheck.cgiはファイル削除しておきます。

check mode

改造 / バグフィックス / style変更
Date:2022/06/16
降順(昇順)にして詳細ページから戻ると昇順(降順)に戻ってしまう不具合を調整した。
  (ページングにも対応した。)

Date:2022/06/09
管理画面用の認証機能を強化した。
(ID・パスワード式、パスワード暗号式、一定回数以上でログインをロック、一定期間後の自動ロック解除機能)

HTML形式をHTML5に準拠した。
文字コードをUTF-8に変更した。
TOPのアルバム表示枠内に「登録No.」と「登録日付」表示を追加した。
カテゴリー別検索機能を追加した。(同一カテゴリー内の画像タイトル、メッセージ内容に対応。コメント返信には非対応)
コメント返信に添付ファイル機能追加。
コメント返信にユーザー編集機能{修正/削除}追加。[ 暗証キー追加 ]
スタイルを改良した。
管理モードの「返信記事の管理」に修正機能を追加した。
カテゴリー別登録順ソート機能を追加した。同一カテゴリー内での昇順・降順切り替え。
Date:2020/12/26
オプションでパスワードによるアクセス制限を可能とした。
Date:2016/12/05
カテゴリ方式によるグループ分け機能を付加した。

(カテゴリ情報は、管理画面から設定・変更)

新着インデックス機能に対応した。

(表示数は設定ファイル{init.cgi}で調整)

月間アーカイブ機能に対応した。

(表示数は設定ファイル{init.cgi}で調整)

ページングを改良。
HTML画面をXML準拠とした。
共有フォルダ {cmnフォルダ} を新設して、独立させたCSSファイル {スタイルシート} を格納した。
返信メッセージフォームを改良した。
画像拡大表示に[jQuery lightview-v3.5.1]を適用した。

拡大表示時にスライド表示切替も可。