Home >スクリプト紹介 >Web Scheduler
Web Scheduler
- WEBスケジューラー -
Web Scheduler Ver: 3.0(WEBスケジューラー)
  • オリジナルスクリプト機能的な特長
    1. WEB上から自由にスケジュールの書き込みを行うことができます。
    2. 前面上部のコントロールボタンの操作により、ワンタッチで「前月」「翌月」「当月」への切替を行うことができます。
    3. 前面左のプルダウンフォームより、直接「年月」を指定することもできます。
    4. 書き込み内容と一緒に、添付データをアップロードすることができます(WORD/EXCEL/PDFファイル)。
    5. 祝日名を自動表示します。

オリジナルスクリプト解説ページ

  

サンプル/ダウンロード

Web Scheduler Ver: 3.0

ダウンロード前に必ずオリジナルで動作確認をして下さい!!

サンプル(サンプル利用規定)

以下の書庫ファイルをダウンロードします。文字コードはUTF-8です。

【留意事項】
●Ver.3.0より、文字コードがUTF-8に変更となりました。Ver.2.0以前をご利用の方で、今まで使用していたデータを引き継ぎたい方は、次のような作業が必要です。

(1) data/log/*.datをすべてダウンロードする。
(2) エディタ等を使って、文字コードを Shift-JISから、UTF-8へ変換する。

●上記作業をしない場合は、記事が文字バケします。

Ver: 3.0schedule30.zip

(UltimateFile up:2015/04/28 08:39)

展開ファイル内容
●ダウンロード後、解凍 します。解凍すると以下のファイルが展開されます。
schedule.cgi -------------- 本体プログラム
init.cgi ------------------ 設定ファイル
check.cgi ----------------- 設定チェックプログラム
lib/CGI/Minimal.pm -------- データ受理モジュール [配布元]
lib/holiday.pl ------------ 祝日モジュール
data/num.dat -------------- 通番ファイル
data/log ------------------ ログディレクトリ
upl/ ---------------------- アップファイルディレクトリ
cmn/*.png ----------------- アイコン [配布元]
cmn/icon/*.gif, *.png ----- iconファイル
cmn/css/*.css ------------- スタイルシートファイル
cmn/js/*.js --------------- javascriptファイル
tmpl/*.html --------------- テンプレートファイル
ディレクトリ構成例
●全体のディレクトリ構成とファイル位置の設置例は以下のとおりです(かっこ内はパーミッションの設定値)。
ディレクトリ構成例
public_html / index.html (トップページ)
    |
    +-- schedule / schedule.cgi [755]
          |        init.cgi     [644] ... 設定ファイル
          |        check.cgi    [755] ... 動作チェック用
          |
          +-- lib / Jcode.pm
          |    |    holiday.pl
          |    |
          |    +-- CGI / Minimal.pm
          |    |         Minimal.pod
          |    +-- CGI / Minimal / *.pm
          |    +-- Jcode / *.*
          |
          |-- cmn / *.png
          |    |
          |    +-- css/
          |    +-- js/
          |    +-- icon/
          |
          +-- data / num.dat [666]
          |     |
          |     +-- log [777] /
          |
          +-- upl [777] /
          |    |
          |    +-- icon / *.png
          |
          +-- tmpl / *.html
設定修正
init.cgi をエディタで開いて以下の箇所を修正します。
$cf{password} = '0123';
書き込み権限のためのパスワードを指定します
$cf{title} = '月間スケジュール';
タイトルを自由に指定します
$cf{maxdata} = 5120000;
1回あたりの最大受信サイズをバイト単位で指定します。
$cf{upldir} = "./upl";
アップロードするディレクトリをサーバパスで指定します。フルパスで指定する場合は / から始まるパスになります
$cf{uplurl} = "./upl";
アップロードするディレクトリをURLパスで指定します。フルパスで指定する場合は http:// から始まるパスになります
$cf{homepage} = "../index.html";
掲示板からの戻り先のURLです。相対パスかhttp://からのフルパスで指定します
schedule.cgi, check.cgi をエディタで開いて以下の箇所を修正します。
#!/usr/local/bin/perl
(プロバイダで定められたPerlへのパスを指定します)
パーミッション
●修正が完了したら各ファイルを所定のディレクトリへFTP転送し、アクセス権 (パーミッション) を、以下のとおり設定します。
ファイル名 パーミッション 転送MODE
一般サーバ suEXEC
CGIWrap
schedule.cgi
check.cgi
755 or 705 701 or 700 Ascii
init.cgi 644 or 604 600 Ascii
lib/Jcode.pm
lib/holiday.pl
cmn/css/style.css
cmn/js/bootstrap-datepicker.js
tmpl/*.html
- - Ascii
data/num.dat 666 or 606 600 Ascii
lib/CGI/
lib/CGI/Minimal/
- - Ascii
uplディレクトリ 777 or 707 755 or 705 -
data/logディレクトリ 777 or 707 700 -
cmn/icon/*.png - - Binary
改造点
Date:2013/03/17
スケジュールアイコン機能追加

スケジュールアイコン参照

Date:2013/03/17
文字色機能追加 (スケジュール内容文字色)
変更点
Date:2013-03-14

デザイン(一部カラーリングなど)

祝日名表示欄新設

バージョンアップ (オリジナルバージョンアップに伴う)
Date:2015/04/28

ver 2.0 → ver 3.0

デザインを全面的に変更した。

bootstrap-datepickerを利用して、年月をワンタッチで入力可能とした。

文字コードをUTF-8に変更した。

Date:2014/09/26

ver 1.5 → ver 2.0

2016年以降に新設される「山の日」に対応した。

全画面をXHTMLに準拠した。

利用可能な添付ファイルで、ZIP及びPOWER_POINTを追加した。

Date:2013/05/26

ver 1.02 → ver 1.5

添付ファイルを同時にアップロード可能とした。(WORD/EXCEL/PDFファイル)。

Date:2013/05/19

ver 1.01 → ver 1.02

日付が1桁の祝日が反映されない不具合を修正。

アイコンにて、12→1月又は1月→2月に月移動した後、予定登録がエラーになる不具合を修正。

Back to Top