Home >スクリプト紹介 >Quick DB
Quick DB
- データベース検索 -
Quick DB v 4.01(データベース検索)
  • オリジナルスクリプト機能的な特長
    1. スマートフォン画面に対応したレスポンシブデザインです。
    2. 3つのカテゴリーから条件を選択し、瞬時にデータベースを検索します。
    3. カテゴリー検索に併せて、キーワード検索も可能です。
    4. 全画面がテンプレート式になっており、デザインやレイアウト変更を自由に行うことができます。
    5. データには、添付ファイルをアップロードすることができます(画像やWORD・EXCELファイル等)。
    6. 画像を自動縮小し(サムネイル化)、閲覧を軽くすることができます(要:Image::Magick)。
    7. データファイルを、CSV形式でのダウンロードはもちろん、アップロードにより一括登録することもできます。

オリジナルスクリプト解説ページ

  

サンプル/ダウンロード

Quick DB v 4.01

ダウンロード前に必ずオリジナルで動作確認をして下さい!!

サンプル(サンプル利用規定)

以下の書庫ファイルをダウンロードします。文字コードはUTF-8です。

【留意事項】
●v4.0より、文字コードがUTF-8に変更となりました。v3.81以前をご利用の方で、今まで使用していたデータを引き継ぎたい方は、次のような作業が必要です。

(1) data/db.cgiをダウンロードする。
(2) エディタ等を使って、文字コードを Shift-JISから、UTF-8(エディタで「UTF-8N」を選択)へ変換してサーバーにアップする。

●上記作業をしない場合は、記事が文字バケします。

Ver: 4.01quick401.zip

(Ultimate File up:2020/2/10 20:55)

展開ファイル内容
●ダウンロード後、解凍 します。解凍すると以下のファイルが展開されます。
quick.cgi ------------- 検索プログラム
admin.cgi ------------- 管理用プログラム
init.cgi -------------- 設定ファイル
check.cgi ------------- 設定チェックプログラム
lib/CGI/Minimal.pm ---- データ受理モジュール [配布元]
lib/jacode.pl --------- 文字コード変換モジュール [入手元]
lib/thumb.pl ---------- 画像縮小モジュール
data/db.cgi ----------- データファイル
data/num.dat ---------- アクセスログファイル
data/tmp/ ------------- 一時ディレクトリ
tmpl/*.html ----------- テンプレートファイル
upl/ ------------------ アップロードディレクトリ
cmn/style.css --------- スタイルシート
cmn/*.png ------------- アイコン [入手先]
ディレクトリ構成例
●全体のディレクトリ構成とファイル位置の設置例は以下のとおりです(かっこ内はパーミッションの設定値)。
ディレクトリ構成例
public_html / index.html (トップページ)
    |
    +-- quick / quick.cgi  [705]
          |     admin.cgi  [705] ... 管理画面
          |     init.cgi   [604] ... 設定ファイル
          |     check.cgi  [705] ... 動作チェック用
          |
          +-- lib / thumb.pl
          |    |    jacode.pl
          |    |
          |    +-- CGI / Minimal.pm
          |         |
          |         +-- Minimal/ *.*
          |
          +-- data / db.cgi    [606]
          |    |     num.dat   [606]
          |    |
          |    +-- tmp [707] /
          |
          +-- upl [707] /
          |
          +-- tmpl / *.html
          |
          +-- cmn / *.png
                    style.css
設定修正
init.cgi をエディタで開いて以下の箇所を修正します。
$cf{password} = '0123';
管理モードを使用するためのマスターパスワードです。半角の英数字で指定します.
$cf{maxlog} = 100;
最大記事数の設定です。これを超える記事は古い順に削除されていきます。あまり大きくするとサーバに負荷がかかったり動作が重くなります
$cf{thumbnail} = 0;
(画像を自動縮小する場合は「1」とします。これにより大きな画像でも縮小されるため、閲覧速度が軽減されます。ただし、サーバ側でImage::Magickが利用できることが条件です。Image::Magickの可否は「check.cgi」でチェックすることができます。)
$cf{img_check} = 0;
アップロードされる画像を、管理者が許可するまで表示させたくない場合は「1」とします。
$cf{maxdata} = 512000;
1度に投稿できるデータ容量の制限値をバイト数で指定します。例えば、102400バイト=100KBとなります。大きいサイズの添付ファイルをアップするにはココの数値を大きく設定します。
$cf{ok_text} = 0; # TEXT
$cf{ok_gif} = 1; # GIF
$cf{ok_jpeg} = 1; # JPEG
(アップロードを許可するファイル形式を指定します。許可するファイルを「1」とします)
$cf{categ} = ['食種','材料','調理法'];
(大カテゴリの名称を設定します。大カテゴリの個数は3種固定です)
$cf{cate1} = ['和食','洋食','中華','お菓子','その他'];
$cf{cate2} = ['肉','魚介類','野菜','卵','豆腐','ご飯','めん類','その他'];
$cf{cate3} = ['焼く','煮る','炒める','揚げる','蒸す','炊く','鍋物','その他'];
(それぞれの小カテゴリの名称を設定します。小カテゴリの個数はいくつ設定しても構いません)
$cf{max_img_w} = 200;
$cf{max_img_h} = 150;
(画像を添付する場合、この値より大きいと自動縮小するサイズを指定します)
$cf{homepage} = "../index.html";
掲示板からの戻り先のURLです。相対パスかhttp://からのフルパスで指定します
quick.cgi, admin.cgi, check.cgi をエディタで開いて以下の箇所を修正します。
#!/usr/local/bin/perl
(プロバイダで定められたPerlへのパスを指定します)
パーミッション
●修正が完了したら各ファイルを所定のディレクトリへFTP転送し、アクセス権 (パーミッション) を、以下のとおり設定します。
ファイル名 パーミッション 転送MODE
一般サーバ suEXEC
CGIWrap
quick.cgi
admin.cgi
check.cgi
755 or 705 701 or 700 Ascii
init.cgi 644 or 604 600 Ascii
lib/*.*
cmn/style.css
- - Ascii
data/db.cgi
data/num.dat
666 or 606 600 Ascii
cmn/*.png - - Binary
data/temp 777 or 707 701 or 700 -
uplディレクトリ 777 or 707 755 or 705 -
改造点
Date:2019/12/30
オリジナルバージョンアップに伴い、管理モードもスマートフォン対応とした。
Date:2016/01/27
TOPページに新着リストの表示を可能にした。

表示数は設定ファイル(init.cgi)にて調整可。

Date:2014/05/15
HTML画面をXML準拠とした。
Date:2014/05/13
添付ファイルを複数(3)添付可能にした

 ←クリック

Quick DB v 3.8 {改造版}   変換ツール

[ログ変換/画像変換対応版]

オリジナルから改造版に移行した場合に使用

Quick DB v 3.8 変換ツール

変更点
Date:2014-05-13

デザイン(一部カラーリングなど)

バージョンアップ (オリジナルバージョンアップに伴う)
Date:2019/12/30

ver.3.81→ver.4.01

[オリジナルバージョンアップ内容]

スマホ画面に対応したレスポンシブデザインとした。[2019/11/17 (Sun):v4.0]

文字コードをUTF-8に変更した。[2019/11/17 (Sun):v4.0]

HTML形式をHTML5に準拠した。[2019/11/17 (Sun):v4.0]

HTMLヘッダー内の「viewport記述」を修正する。[2019/11/18 (Sun):v4.01]

Back to Top